施設建設計画見合わせ報道についての当会のコメント

統一教会はNO!多摩市民連絡会は、10月27日に多摩市長へ最終集約の署名を提出いたしました。この提出行動を受けて、各報道機関には、多摩市民並びに全国の皆様による努力の結果を報道していただきました。またこの署名提出の結果や解散命令の請求などをふまえて、各報道機関は統一教会に対して、今後の施設計画について調査を行った模様です。今朝の毎日新聞のスクープに続き、NHK、日本テレビ、TBSテレビの放映もありました。政府の宗教法人解散命令請求が出されている現段階で、多摩市長および地元市民の反対意向を受けて、「(教団が)進行中の施設解体工事は続けるが、研修施設の建設を一旦見合わせる」ことが報道の主な内容です。報道機関によりニュアンスの違いがあり、あくまで解散請求の行方に応じた「見合わせ」ということで受け止めています。土地そのものは統一教会の所有ですから、今後の裁判の推移もあり、財産保全処分についての法律の成立如何によって、どのように処理されるかは未知数です。私たち多摩市民連絡会としては、「市内での建設断念」になるとするならば望ましいことではあります。現在までに統一教会の活動によって被害を受けた方々から、建設反対に対して多くの賛同の声を頂いております。その方々への被害の補償がなされることも、とても重要なことです。統一教会は、徹底的に裁判で闘うと言及していることを考慮しても、解決までの道程はかなり遠いと言わざるを得ず、多摩市民としては、今後ともより良い解決の道を模索しなければならないと考えます。あくまでも計画の最終的な断念を図り、現在、オール多摩方式で、問題解決をする方向を目指していることを土台に、今後の対策と市民への問いかけを続ける決意です。

2023年10月29日
統一教会はNO!多摩市民連絡会
共同代表  神子島 健・・
佐久間 む津美

文科省が東京地裁に解散命令請求をしたことや、多摩市内の国内最大面積の統一教会所有の土地がほぼ更地になったことで、多くの方が統一教会の問題が解決に向かっていると思っています。
当会は、解散命令が出るまでに相応の時間がかかること、更地になった土地が今後どうなっていくのか予断を許さないと考えており、現在の状況を正しく理解して頂くためのパンフレットが必要として、2024年・新三ツ折りパンフレットを作成しました。

多摩市内に限らず、全国に共通する統一教会問題への理解を深めて頂きたく、ぜひPDFを隅々までご覧頂ければと思います。

はじめまして。私たちは「統一教会はNO!多摩市民連絡会」です。

2023年3月に開かれた多摩市議会において、私たちは旧統―教会が、永山7丁目の土地 6,300平米という広大な場所を取得したことを知りました。

当該地区は国士舘大学多摩キャンパスや都立永山高校に隣接し、さらに近隣には多くの高校や大学のキャンパスが存在しています。また、南側は市民が整備管理し、憩いの場となっている「多摩よこやまの道」と接しています。

昨年2022年7月の安倍晋三元首相銃撃事件以来、宗教二世問題でマスコミを騒がせてきた、あの統一教会が多摩市にやって来ることを知って、私たち市民は怒りを禁じ得ません。
旧統一教会が多摩市に拠点を作ろうとする企みに立ち向かうため、私たちは「統一教会はNO!多摩市民連絡会」を結成しました。

この土地が旧統一教会の巨大な拠点になれば、近隣の教育施設に通う若者たちや市内の住民に洗脳的な布教活動が広がる恐れがあります。それを許すわけにはいかないのです!
私たちの愛する街を汚されるわけにはいきません!

統一教会はいらないから警告します!

旧統一教会の反社会的な「宗教活動」により、犠牲者がいまだに増えつづけている現状は、許し難いものです。

現状では旧統一教会の「解散命令」もまだ出ておらず、国による規制は遅れていると言わざるを得ません。だからこそ、私たちは団結し、市民としての怒りと結束力を示さなければなりません。

「統一教会はNO!」という声を大きく届けましょう!

行政は被害が表面化するまで待つのではなく、即座に行動を起こすべきです!
市民の安全と文教都市の守りを最優先に考えてください。

私たちの愛する多摩市を守るため、一人ひとりが行動に移しましょう!

市民団体や地域の連携を強め、怒りと熱い思いを持った市民の結束力を示しましょう!

行政に対して圧倒的な反対の意思を示し、市民の力で多摩市を守り抜くために、この市民運動への皆様のご賛同とご支援をお願いします。

私たちが目指すこと

多摩市の人口約1/3にあたる万人の署名を目指し、達成しました!
署名にご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

2023年10月23日(月)をもちまして、署名カウントは終了しました!

すべての署名は、10/27(金)に多摩市・阿部市長へ提出致しました。

Organization

活動方針

反社会的な宗教団体である旧統一教会が、多摩市に取得済みの広大な土地を大拠点として進出してくれば、住民、市民の安心、安全な生活を脅かすことになりかねません。

私たちは「統一教会はNO!」を掲げ、多くの市民と一緒になってこれにストップをかける運動を大きく作り上げていきます。

私たちは、多摩市で安心して暮らすために、多摩市民共通の願いを実現します。 

旧統一協会に対する問題意識を共有する全市民団体とともに、賛同する個人や近隣の市民にも働きかけ、問題意識の啓発と理解を深める活動を行います。

統一教会はNO!多摩市民連絡会

郵送先〒206-8799 多摩郵便局 局留め
「統一教会はNO!多摩市民連絡会」宛
電話050-3593-2060
お問い合わせお問い合わせ
共同代表神子島 健
佐久間む津美

活動予定(2024/7/3 現在)

2023/4/29
多摩市<住民・市民会議>をベルブ永山にて実施
⇒後の「統一教会はNO!多摩市民連絡会」のスタート!
5/28
ホームページ開設
「鈴木エイトさん講演会」
「多摩市長への要請」紙の署名スタート
※オンライン署名スタート、5/19。
6/30
署名第一次集約の結果をもって、多摩市へ要請
7/17
「前川喜平さん講演会」
7/31
署名第二次集約の結果をもって、多摩市へ要請
8/28
多摩市議会に陳情書を提出
9/14
超党派の多摩市議会議員の皆さんと初の共同行動
9/30
署名第三次集約の結果をもって、多摩市へ要請
10/3
多摩市議会が当会陳情要請を全会一致で可決
10/23
署名の最終的なカウント締め切り
10/27
署名最終集約の結果をもって、多摩市へ提出
10/28
「みんなで語り合おう!賛同人集会」
11/25
「紀藤正樹弁護士講演会」
2024/1/7
第1回「施設予定地見学会」
2/4
第2回「施設予定地見学会」
3/3
第3回「施設予定地見学会」
4/7
第4回「施設予定地見学会」
4/28
「更地になっても終わらない。正念場はこれからだ!」結成1周年賛同人集会
5/5
第5回「施設予定地見学会」
6/2
第6回「施設予定地見学会」←雨天中止
6/30
第7回(最終回)「施設予定地見学会」 ※工期終了予定日。
7/3
指定宗教法人世界平和統一家庭連合(旧統一教会)所有地における新たな施設建設について、白紙撤回を求める申し入れ
  • 署名活動は、講演会参加者及び賛同人、市内各市民団体を通じて広く拡散する。また、主要駅頭での街頭署名活動を随時実施。
  • 統一教会問題の有識者を招いての講演会、学習会などを複数回実施

お問い合わせ

お問い合わせフォームに必要事項を明記し、送信して下さい。
お問い合わせ後、5日がたっても返事がない場合には、大変お手数ですが、再度お問い合わせ下さい。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    居住地(必須)

    お問い合わせ内容(任意)

    メッセージ本文(必須)

    2024年度・パンフレットをご覧ください。

    News & Information

    07/14/2024統一教会関連報道

    ◆8月4日 統一教会が福岡市で大規模デモを計画!New!!

    07/14/2024統一教会関連報道

    ◆7月11日 旧統一教会 “教団に返金求めない”念書は無効 最高裁が初判断!New!!

    07/03/2024報告

    7月3日 指定宗教法人世界平和統一家庭連合(旧統一教会)所有地における新たな施設建設について、白紙撤回を求める申し入れNew!!

    07/02/2024報告

    6月30日 第6回(最終回)施設予定地見学会実施、工事看板もなくなり、すっかり更地に!New!!

    07/01/2024アクション!

    ◆7月15日 「多田文明さん講演会」のお知らせ

    06/18/2024お知らせ

    2024年・新パンフレットが完成しました!!

    06/18/2024イベント情報

    ◆6月30日 最終回・施設予定地見学会のお知らせ(小雨決行)

    05/10/2024イベント情報

    ◆6月2日 第6回・施設予定地見学会のお知らせ ←雨天中止となりました!

    05/09/2024報告

    5月5日 第5回施設予定地見学会実施、正面以外の工事囲いが撤去される!

    04/11/2024イベント情報

    ◆5月5日 第5回・施設予定地見学会のお知らせ